サーフィン初心者必見!ターンの原理を理解して上達する方法

こんにちは!サーフィン大好きRYO(RYO@波乗り生活.ナミカツ)です。

初心者サーファーでターンに苦労されている方は多いのではないでしょうか。
私もボトムターンを理解してできるようになるまで相当時間がかかってしまいました。
そもそもテイクオフしてレギュラースタンス、ライトの波の場合ボトムでつま先側に荷重していきます。そうするとボードが傾き曲がっていくことはわかっていましたが、その先はどうするか。
つま先荷重を続けると波のフェイスにノーズが刺さっていく、もしくは波を乗り越えプルアウトしてしまう。これの繰り返しでした。ターンの原理を全く理解していませんでした。今回はそんな私のように無駄にターンができるまで時間がかかってしまわないよう基本的な原理、方法について解説します。

今回はレギュラースタンスベースでの記事になります。グーフィーフッタのサーファーは逆ですのでご注意ください。

1.サーフィンにおけるターンの意味

まずサーフィンでターンをする意味は何でしょう?
結論からいうと一本の波にできるだけ長く乗り続けるためです。テイクオフしてそのまま、まっすぐ、または斜めに滑っていくだけでは波が崩れスープになりそのまま失速してライディングは終わってしまいます。スープになったらターンによって抜けて、またフェイスを走る。ターンをしてスープにつかまらずに波のパワーゾーンをキープしていく。こうすることにより長くライディングすることができます。そのためにボトムターン、トップターンを繰り返していきます。このターンの角度、荷重の仕方によりいろいろなターンができるようになります。

2.波乗りの原理

少しサーフィンの原理について解説します。波はリップが崩れボトムに向かい、そこからトップに向かう力が作用しています。

波のボトムではトップに向かっていく水の動きがあります。この力を使い波のフェイスを上下していくことが可能になります。波の中では画像の中のまるのような回転運動があります。この力によって波に乗りスピードがつきターンができているのです。よく動画でバレルの中で波に巻き上げられてパーリングしてしまうシーンがありますがこれはこの波の運動が顕著に表れている現象です。

テイクオフの練習の時にスープで練習したと思いますがこのスープの力の働きと、上記のうねりの状態の波の運動とは基本的に異なっています。
スープでは波が岸に向かっていく力に乗っているといったイメージです。ですので波が岸に向かう力が弱くなると押す力も弱くなってライディングが終わってしまいます。

2-1.科学的な解説

難しい話になりますが、科学的な内容にも触れていきます。
サーフィンの原理、波に乗れる原理は物理学に含まれるそうです。

波が起きると海面に凹凸ができます。これが平面な海面に戻ろうとすると重力が働きます。
波のサイズが大きければこの力も増していきます。
サーフボードで波に乗るとボードに揚力が発生し重力と組み合わされることにより海面をボードが滑っていきます。テイクオフしてボトムに降りていく時はこの重力を利用して波の斜面を滑ることができます。水の流れは下ではなく上に向かているので重力が無ければボトムまで滑る事すらできません。ボードが滑っている時はハイドロプレーニング現象が発生しています。簡単に言うと摩擦が少なく、物体が滑る状態を指します。これによりサーフィンは波に乗れてターンができます。
重力を利用したボトムターンからトップへ向かうときは波が上に上がっていく力を利用しています。サーフボードを傾け、レールを入れることでトップへ上がる推進力を得ています。トップから再びボトムへ向かうときはノーズをボトム方向へ向けて重力により滑り降りていきます。

3.ボトムターンしたらどうする?

冒頭で触れたボトムターンの後どうすればよいかについて解説します。
私がサーフィンを始めた時なぜターンするかもターンしてからどうするのかも良く理解していませんでした。波に乗り横に走っていく。これが目標というか憧れでした。横に走れれば上手く見えたしかっこよく見えました。

そこで初心者サーファーの方はぜひターンの意味を理解して練習していってください。
ただ波を掴みボトムでターンするだけでなく、長く乗るためにターンを入れていくことを意識して練習してください。それにより今後の技の意味もわかり全体を通したフローを作る意識ができてきます。
本題に戻りボトムターンの後どうすればよいか?ですが私は始めたころターンの意味が解ってなかったので、ボトムでつま先側に荷重してボードが徐々に曲がっていきそのまま波に刺さっていく。これを繰り返していました。
ボトムターンをしたら次はトップでターンをしなければ波に乗り続けられません。

イメージ的には画像のような連続的なイメージになります。
ボトムでつま先荷重して波の面を登って行ったら荷重を抜いていきボードをボトム方向に向けてボトムに降りていきます。ボトムでターンのために踏ん張るだけではターンはできません。荷重、また力を抜くところは抜いて連続的にボトムターントップターンをしていきます。
要はこの運動の角度大きさにより大技につながったり、アップスになったりします。

ボトムターンの後、トップターン?そんなの当たり前じゃん。と思われるサーファーがほとんどかと思います。しかし一部誤解している方はいます。まさに私がそうでした。ボトムターンの意味合いが横に行くだけだと思っていたのでいくら練習しても上手くいきませんでした。ある日一緒に行った上手い友達に確認して判明した事実でした。ボトムターンの後、トップターン。同じ悩みのサーファーがいたらうれしいです。

波の原理的に言うと、重力を使ってボトムに降りていく時は、しっかり膝を曲げボードに体重を乗せて滑り降りていきます。体重を乗せることによりスピードを得ます。
またトップに向かうときは、波が上に巻き上がる力を利用するのでレールをしっかり入れボードを傾けさえすればトップに上がっていきます。あまり力み過ぎると逆に失速します。
このトップに向かう前の傾ける角度によってスピードを得るのでトップに向かっていく時には力む必要はなくなります。

4.まとめ

今回は波の原理、サーフィンの原理という科学的な方向から波乗りを見てみました。
ボードコントロールにはメリハリが必要で、ずっとボードに荷重していればいいのではなく、リラックスする部分も非常に重要です。それは今回解説した波の原理で理解できると思います。
初心者サーファーでまず覚える必要があるのがボトムターンです。この原理を理解するとしないのでは練習していく上で差が生まれます。上手くいかない日はこの原点に戻り意識して練習していくことをお勧めします。一本の波に長く乗り続けられるためにターンの練習を頑張っていきましょう。ロングライドできた日は一日中ハッピーな気分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。