サーフィンをするときのかっこう初心者サーファーの服装について

こんにちは!サーフィン大好きRYO(RYO@波乗り生活.ナミカツ)です。

初心者サーファーはウェット、タッパーなど多くは持っていないでしょう。
シーズンによってウェット、タッパー、トランクス、Tシャツなど快適なかっこうがあります。
今回はどんなかっこう、サーファーの海での服装について季節別に解説します。

1.サーファーの海での服装、かっこうについて

季節により必要なウェットは変わってきます。
初心者サーファーは特にできるだけウェットスーツをきることをおすすめします。
理由としては、パーリングした時、板から落ちてしまった時にウェットスーツを着ていると浮かびやすくなります。着ているだけで浮力が付くので慌てずに浮かぶことができます。
初心者のうちはちょっとしたミスでおぼれそうになったり、フィンが体にあたって切ってしまったり思わぬことが起こります。そのため体の保護、浮力を確保するためにもウェットの着用をおすすめ。

2.季節別のサーファーの服装

季節によって快適なウェットスーツは変わってきます。
気温、水温によりいろいろなウェットスーツがあります。季節別におすすめのウェットスーツを紹介します。

もちろんポイントによって気温水温は変わりますので今回は一般的な季節水温で解説します。

2-1.春~初夏のウェットスーツ

春~初夏にかけては気温は上がっていきますが水温はそこまで上がりません。
水温は気温より1~2か月程度遅れるといわれています。
そこでお勧めできるウェットスーツが薄手の2mm~3mmのフルスーツ、または日が出て暖かい日はシーガルになります。どちらか一つを検討するなら、薄手の2mm~3mmのフルスーツです。シーガルはフルスーツより身軽になり気持ちよいですが必ず持っていたいウェットスーツではありません。



2-2.夏~秋のウェットスーツ

初夏から真夏に向かってサーフィンには最高の季節になります。
トランクスだけでもサーフィンできる日もでてきますが、日焼け防止の観点からTシャツ、タッパー、ラッシュガードはあれば着たいです。
また朝、夕方は風も冷たくなり寒く感じることもあるのでスプリング、またはタッパーがあれば持っていきましょう。
夏用のウェット等、もっていない初心者サーファーならまずはスプリングを購入すれば9月の終わりころまで着ることができます。



2-3.秋~冬のウェットスーツ

秋が深くなり肌寒くなってくる季節、10月頃から12月中旬頃までは2~3mmフルスーツ、ロンスプがおすすめです。
フルスーツを持っていれば、おおよそ4月~7月、10月~12月と長い間着ることができるので最初に選ぶのはフルスーツをおすすめします。



2-4.真冬のウェットスーツ

真冬はセミドライ、ドライスーツがおすすめと言うより必要になってきます。
気温も水温も低いのでしっかりしたウェットスーツが必要になります。
これが無ければ冬のサーフィンはできないといっても過言ではありません。またポイントによっては、グローブ、ブーツも必要になります。

冬のウェットスーツはフルオーダーがおすすめです。ショップによってオーダー料無料のオーダーフェアをやっていたり、おすすめのmellowのウェットスーツでも少し金額プラスでフルオーダーできるのでぜひオーダーしてください。
真冬のウェット以外は吊るし、既成サイズでもいいのですが真冬だけはしっかり作ると後悔しません。



3.まとめ

今回はサーファーの海での恰好、季節にあったウェットスーツについて解説しました。
サーフィンを続けていけば季節ごとにウェットを買ったりしながら少しづつ必要なものが増えていきます。初心者サーファで全くウェットが無い状態でしたらやはり2~3mmのフルスーツをまずは購入することをお勧めします。
長く着れて防寒、怪我予防にもなります。かっこいいウェットを着てテンション上げてどんどん海に通い上手くなって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。