サーフィン初心者向けロングボードを選ぶ際の長さ

こんにちは!サーフィン大好きRYO(@RYO89156276)です。

サーフィンを始めて自分のスタイルをロングボードにしていきたい、またはロングボードに憧れてサーフィンを始めたいと思っているサーファーも多いでしょう。長いボードでゆったりと波に乗る姿、そのスタイルはショートボードとはまた違ったかっこよさがあります。今回はロングボードを選ぶ際初心者にもいている長さ、種類について解説していきます。

1.ロングボードの長さについて

ロングボードと定義されている長さは9ft以上とルールでは定められています。これは一応定義されているもので、逆を言うと9ft以下はショートボードとされています。一般的にはそのような長さのボードをショートとは考えないでしょう。またロングボードについても9ft以下でもロングボードとされています。ボードの種類については下記の記事でも触れていますので参考にしてください。

1-2.初心者向けロングボードの長さ

一般的にロングボードとされるのは9ft~10ftの長さとなります。長いボードで優雅に乗っている姿はかっこいいのですが、初心者のうちはあまり長いボードはお勧めできません。できれば9ftくらいのボードをお勧めします。9ftというと2.74mになります。メートル換算するとわかりやすくなりますがこれはいざ目の前で見ると非常に大きく感じます。あまり長くなるとボードコントロールも難しくなりますので、ロングボードの基本ターンができるまでは9ftくらいのボードがお勧めになります。ロングボードは波に乗る~テイクオフまでは比較的短期間で習得できます。ボードが長く大きい分安定し、またパドルでスピードも得やすいのでテイクオフも意外とできてしまいます。しかし、ここからが難しくも楽しいところですが、テイクオフしてからしっかりと体重移動してボードをコントロールしなければなかなか思い通りにターンができません。ショートボードは足先だけで動いてしまうこともありますが、ロングボードではそうはいきません。

【足先だけで動いてしまう】実際そのように乗っているショートボーダーも多くみられますが、基本はショートもロングも同じで、しっかりと体重移動してコントロールできないと上達までに遠回りとなってしまいます。

2.ロングボードの種類

ロングボードと一言で言っても素材、形状、フィンなどにより種類が分かれます。自分の目指すスタイルによって選ぶボードも変わってきます。

2-1.クラシック系

その名の通りクラシックスタイルのロングボードです。重量があり、シングルフィンのボードになります。重量もあり、コントロール性はよくありません。トロイ波などに向いています。重さ、幅もありますのでテイクオフは早くなります。またノーズライディングには向いたボードです。速い波、パワーのある波には不向きです。

2-2.パフォーマンス系

スタイルとして、マニューバーを重視したり、速い波でもクイックに抜けていく、ショートボードのようなリッピング、カービングなどをするスタイル向けのボードです、比較的軽く、また薄く細く作られているので取り回しはとてもいいです。フィンもシングルフィンの両サイドに小さなフィンがついている、シングルススタビライザーとなってるのでターン時の安定性もあります。

2-3.オールランド

このボードは、クラシック、パフォーマンスのいいとこどりをしたボードと言えます。基本的にどのような波にも対応しやすい作りになっいます。フィンもシングルスタビライザー重量も軽めですの自分のスタイルを模索しているサーファー、初心者ロングボーダーにもお勧めです。

3.まとめ

ロングボードを選ぶ際の長さ初心者サーファーには9ft前後をお勧めします。テイクオフが速いのはロングボードならどれも速いのでさほど長いボードを選ぶ必要もないでしょう。憧れのボードは基本ができるようになってから次のステージとしてチャレンジしていく方が上達への近道です。一つ重視してほしい点が、ノーズロッカーです。ロングボードでロッカーが抑えられているモデルも多く存在します。初心者のうちはロッカーがあまりないボードを選ぶと、テイクオフ時にパーリングしやすくなります。ある程度ロッカーのあるボードを選ぶようにしてください。下記の記事にボードの名称日ついての詳細を書いていますので参考にしてください。

たくさん波に乗って楽しく上達できるようなボード選びをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。