ショートボードを始めたいサーフィン初心者へアドバイス

こんにちは!サーフィン大好きRYO(@RYO89156276)です。

サーフィンを始めたい、または初めて間もない初心者サーファーは最初に購入するボードは何を選ぶべきでしょうか?ファンボード、ロングボード、それともショートボード。初心者サーファーの場合大き目、浮力強めのボードが良いでしょう。しかし、ご自身がやりたいサーフィンのスタイルが決まっていて、絶対にショートボードを乗りこなしたいという強い気持ちのがあるサーファーも多いでしょう。今回は初心者サーファー向けのボードについて解説していきます。

1.サーフボードの種類

サーフボードと言っても多くの種類があります。それぞれ乗り味が異なりそれぞれに個性があります。ここではボードの種類について解説します。

1-1.ショートボード

まずサーフィンと言って多くの人が思い浮かべるのがこのショートボードでしょう。その名の通り短いボードです。サーフィンのレギュレーション上では9ft未満のボードをショートボードとしています。(2.7432cm)これはルールとしての線引きですね。実際は6.6ftあたりまでがショートボードとして乗りこなせるサイズではないでしょうか。ショートボードはリッピングが派手であったり、エアーも決められスピード感もありかっこよく見えます。

1-2.ファンボード

ファンボードはショートボードとロングボードの中間にあたるミッドレングスのボードです。その名の通り楽しむためのボード、初心者サーファーの練習には最高にあっていますが、それゆえにファンボードを持っていると初心者だと思われてしまうので嫌がるサーファーもいます。しかし、嫌がるサーファーの多くは実際に初心者サーファーです。サーフィンをある程度できるようになると、ファンボードの面白さ、かっこよさもわかりますので全然OKになります。ファンボードは長さも浮力もあり、ロングボードのような重量もないので初心者サーファーには、波キャッチ、テイクオフ、ターンと、とても練習しやすいボードです。

1-3.ロングボード

ロングボードは9ft以上のボードと定義されています。実際にはそこまで長くなくてもロングボードとして位置づけられています。ロングボードはサーフィンの元祖です。ハワイで木製のサーフボードが発明され、このころは今でいうロングボードが主流でした。クラシックスタイルで、まったりと波に乗る姿はとてもかっこいいです。難点はやはりでかい。家での置き場所も必要ですし、また海に行くための車もロングボードが入る必要があります。ロングボードも初心者の練習にはとても良いです。ボードが長く、幅も広いので非常に安定感があり、初めての人でも一回目でテイクオフできてしまう場合もあります。しかし、ボードも長く重量もあるのでその先のターンなどはしっかりした体重移動が必要になります。

1-4.オルタナ系ボード

オルタナティブ系ボード、のオルタナティブとは(二者択一の)(代わりとなる)(代案)というような意味になります。ボードでいうオルタナ系とはロングボードでもなく、パフォーマンス向けのショートボードでもない、そのどちらでもないというと様な意味合いのボードになります。サンディエゴフィッシュ、レトロツインフィン、ミニスモンズなどがあります。これらもまたそれぞれに乗り味が全く異なり楽しいボードです。

2.初心者サーファーにショートボードは向いているのか?

初心者サーファーで初めて購入するボードでショートボードは向いているのかと心配もあるかと思います。前述したとおり選べるボードも種類が沢山あります。よく言われている初心者サーファーだからファンボードが向いている、それは間違えないでしょう。結局楽しめなければサーフィンは続きません。そこで一般的には初心者へ進めるのはファンボード寄りの物になります。しかし、あなたがなぜショートボードを選びたいのかも重要なキーワードになります。予算の問題もあるかもしれません、また車の問題、一緒に海に行く仲間がみんなショートだから、色々な理由があるでしょう。それとも絶対にショートボードを極めて、リッピング、エアーなど決められるようになりた、そのような熱い思いもあるかもしれません。そんな場合は初心者のあなたにもショートボードは向いています。実際、私自身も始めからショートボードです。アドバイスとして、ショートボードでも初心者に向いてないものも多くあります。浮力がないボード、短すぎるボード、薄すぎるボード。これは絶対に選ばないようにしましょう。まずは浮力があり、6ft以上のボードを選べば初心者の練習にも問題ないでしょう。波に乗る~テイクオフ~ターン。この流れはどのボードにしても同じです。むしろショートボードは初心者でも取り回しやすいしメンテナンスもしやすいので向いているとも言えます。

4.まとめ

最初に購入するボードは非常に悩みますね。結局はサーフィンすることには変わりありません。将来的には波に合わせていろいろな種類のボードに乗り楽しめれば最高です。まずはなぜそのボードをファーストボードにしたいのかを考えてみましょう。ただかっこいいから、簡単そうだからだけではなく生活リズム、移動手段などを考慮すればおのずと見えてくるでしょう。それでも悩んだらまずサーフショップへ行って相談してみるのもいいでしょう。楽しく永くサーフィンを続けられる様、頭を軟らかくして選んでみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。