冬のサーフィンにおすすめ保温効果の高いインナーパンツ

こんにちは!サーフィン大好きRYO(RYO@波乗り生活.ナミカツ)です。

冬のサーフィンには体を冷やさない保温が大切になります。ウェットスーツ本来の性能を最大限に発揮させるためにセミドライの下に何も着ないという事も正解です。体温で発熱して暖かさを得る素材などはウェットのみで着るのが正解ですね。
しかしそれは新品のウェットの場合。2~3シーズンめとなってくると、性能も変わってしまい冷たい海水を体に感じてしまうものです。インナーに関しては特に上半身は動きにくくなるので避けるサーファーも多いです。寒さ対策として、下半身の保温は大切です。
今回は動きにくいという制限の低いウェットスーツのインナーパンツについて解説します。

1.ウェットスーツインナーパンツ

ウェットスーツのインナーはいろいろなタイプがあります。インナーの詳細は下記から確認してください。

インナーパンツのメリットは下半身を重点的に冷えから守ってくれます。上半身はパドリングの際に動かしにくくなり、また非常に疲労感が出てくるので避けるサーファーも多いです。
しかし、インナーパンツの場合パドリング時の疲労感、ストレスがかからないので快適です。しかも下半身が暖かいと全身の冷え方が全く異なってきます。腰回り、お尻周りが冷えないのでいつも通りのライディングもできます。


長ズボンのインナーパンツはかなりおすすめできます。注意点としては、トレンカタイプのような、足の裏に引っ掛けられるタイプでないとウェットを着るときにまくれ上がってきてなかなかうまくいることができません。おすすめはしっかり足裏に引っ掛けて着られるタイプです。

こちらはショートだけのインナーパンツです。腰回り、お尻周りの冷えが気になる方は、こちらがおすすめです。長ズボンタイプより窮屈感がなく、必要な部位だけ保温できます。冬のサーフィンを短時間でサクッとやるサーファーには3mmセミドライとこちらのインナーパンツで動き重視のサーフィンが可能です。


2.まとめ

今回は冬のサーフィンの冷え対策としてインナーパンツについて解説しました。冬のサーフィンは寒いです。しかし海は比較的すいているので練習には最高です。寒さ対策をしっかり行えれば冬はストレスなくサーフィンできる季節とも言えます。寒い冬こそ頑張って海に通い温かくなる頃に上達しているように練習していきましょう。