効果抜群 冬のサーフィンにおすすめネックウォーマー

こんにちは!サーフィン大好きRYO(RYO@波乗り生活.ナミカツ)です。

サーフィン用のネックウォーマーを知っていますか?インナーネックと言った方がわかりやすいでしょうか。セミドライを着ていてもドルフィンスルー、思わぬパーリングなどで首から海水が侵入してしまいます。首もとから水が侵入して冷えてくると冬のサーフィンは辛いです。また首回りを保温できれば体の負担はだいぶ軽減されます。
今回はそんな首からの海水の侵入を最小限にできるアイテム、サーフィン用のネックウォーマーについて解説します。

1.サーフィン用ネックウォーマーの効果

サーフィン用ネックウォーマーは基本的に首を温め、首もとからの海水の侵入をガードするためのアイテムになります。首もとからの水のガードに特化しているネックウォーマー、保温目的のネックウォーマーとイメージ的には2種類あります。しかしどちらのタイプでもやはり温かいので、あれば快適です。

ウェットスーツの首もとに差し入れたり、上からかぶせて使うタイプがあります。

2.海水侵入ガードタイプのネックウォーマー

冬のウェットースーツについてはこちらの記事に詳細を書いてあります。あわせて読んでもらえればわかりやすくなります。
セミドライにもいろいろなタイプがありますがバックジップのウェットには特に水の侵入を防ぐタイプのネックウォーマーがおすすめです。バックジップは着脱に関しては非常に優れていますが、どうしても首からの水の侵入があります。それを軽減するためにこのタイプのネックウォーマーがぴったりです。


3.2wayで使用可能な保温効果抜群のネックウォーマー

こちらは大人気、2wayで使用できるアイテム。頭にかぶってヘッドキャップとしても使え、グラフェンブラック起毛が使われており、首につけて保温効果抜群のネックウォーマーにもなります。
冬のサーフィンの快適アイテムとして大人気です。

熱伝導率が銅の 10倍 と言われ、世界で最も熱伝導に優れ、世界の科学者が認めた新炭素系素材グラフェン。


4.まとめ

今回は冬のサーフィンの防寒グッズネックウォーマーについて解説しました。冬のサーフィンはアイテムさえしっかり用意できていれば思いのほか快適です。無駄なく必要なアイテムを選び空いている冬の海でたっぷり練習しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。