サーフィン初心者マナーを守って邪魔にならない方法

こんにちは!サーフィン大好きRYO(@RYO89156276)です。

サーフィン初心者にとって、入ったポイントで、ローカル、上級者の邪魔になってしまわないか、常に気を遣うことが多いと思います。サーフィンには危険回避のためのルールがいくつかあります。
これを守らずに邪魔をしてしまうと海から上がらせられたり、時にはパンチアウトを喰らうこともあります。その理由は、とにかく危険だからです。車の運転も、ルールを知らずに自分勝手に運転していては非常に危険です。それと同じくサーフィンも危険と隣り合わせのスポーツですので、基本的なルールを守り、危険を回避して、サーファーみんなで楽しく波乗りができるようにしていきましょう。

1.初心者に守ってもらいたい邪魔にならないためのマナー

まず、サーフィン基本ルールの前にサーフィン中、上級者が思う初心者に守ってもらいたいマナーについて解説していきます。

1-1.他のサーファーのライン上にはいない

初心者サーファーはインサイドで波待ちをしていることが多いのですが、ここで非常に邪魔に感じてしまうのが、アウトで波待ちをしているサーファーのライン上で待っている行為です。
インサイドで波待ちをする際は、自分よりアウトで待っているサーファーと重なるような待ち方はしない、またテイクオフ後自分の方に来ると思われる場合はそこで波待ちをせずにずれて待つようにしましょう。

例えば上記画像で丸の位置で波待ちをしていたとしたら沖で待っているサーファーの邪魔になります。また左のサーファーではどうでしょう?
アウトのサーファーと重なるように波待ちをしているサーファーがいます。これもあり得ない行為です。

1-2.よく周りを見るようにしましょう

初心者でありがちなのが、周りを見ずにむやみやたらにパドリングしている様子です。
自分のところに波が来たら、まず、前方に人がいたり、危険がないか?左右を見て乗ってきているサーファーがいないか?一呼吸つくようにひとまず周りを見る余裕を持ちましょう。

波はどんどんやってきます。周りに危険がある場合は無理に乗ろうとせずに次の波を待つようにしましょう。

1-3.ボードをむやみやたらに離さない

アウトにゲットする際、または波待ち時にセットが来たときなどに、慌ててボードを離して流すのは絶対にやめましょう。ドルフィンスルーができないからといってボードを捨てて海に潜ると、後ろや横にいるサーファーに危険が及びます。リーッシュをつけていたとしても、1~2mはボードが流れます。この距離にいるサーファーにあたってしまったら大怪我につながりかねません。危険回避のため絶対にやめましょう。どうしてもドルフィンスルーができない場合は、板にしがみつきなんとしても離さないようにして下さい。

中上級者が多くいるポイントでは初心者サーファーが多くの波に乗ることは難しくなります。波質は劣ってもできるだけ空いているポイントでたくさん波に乗って練習することをお勧めします。

2.サーフィンの基本ルール

サーフィンには事故を未然に防いだり、サーファー同士が気持ちよくサーフィンできるよう、世界共通のルールがあります。ここでは基本的なルールについて解説していきます。

一部ポイントではローカルルールもありますが、基本的なルールを守っていれば大きな危険はないのでしっかりと理解してください。

2-1.ドロップインは絶対に禁止

まず初めに、覚えなければならないルールがドロップインについてです。前乗り禁止とも言いますが、先に乗っているサーファーの前から波に乗る行為を指します。
基本的には波が初めにブレイクする位置、(ピーク)近くにいるサーファー優先となります。
このサーファーがライト(レギュラー)に乗ってくる場合それよりも前で波を取るのは禁止です。
また逆のレフト(グーフィー)に行く場合も同じです。

ドロップインと同じように絶対禁止なのが、スネークイン。これはピークに近いサーファーを追い越してよりピークに近づき、あたかも自分が優先と言わんばかりに波を取っていく行為です。非常に危険な行為なので絶対にやめましょう。

2-2.ワンマンワンウェーブ

基本的に一本の波に乗れるのは1人。これはサーフィンのルールの原則となります。
先述いたしましたドロップインについてもこの原則にのっとったルールとなっております。
他のサーファーが乗っている波に後から乗る行為は禁止です。

上記の画像のようにわかりやすいブレイクの場合、ピークから左右に一人ずつ乗って行ってもOKとなります。

2-3.ライディング優先

アウトからライディングしてくるサーファーの邪魔をしてはいけません。優先権は乗っているサーファーとなりますので、パドルでゲットしているサーファーはパドリングで速やかにライディングラインを外れて邪魔をしないようにしてください。

3.まとめ

以上がサーフィンの基本ルールとなります。細かく言えばラインナップポジションなども重要ですが、初心者向けということで1-1で解説いたしました、他のサーファーのライン上にはいない。これを守ってもらえれば良いと思います。できればほかのサーファーと同じラインで波待ちをできるのが一番安全です。この他のマナーとしてポイント周りに迷惑駐車をしない、ビーチクリーンを心がける、せめて、自身で出したごみは持ち帰る、こういった人としてのマナーを守ればサーファーの地位向上にもつながります。ぜひみんなで気持ちよくサーフィンするためにルールを守って安全にサーフィンをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。