冬こそサーフィンのシーズン 寒さで心が折れない着替えの方法

こんにちは!サーフィン大好きRYO(RYO@波乗り生活.ナミカツ)です。

冬のサーフィンでどうしても避けて通れないのが寒さに耐えながらの着替えです。ウェットスーツを着て海に入ってしまえばよっぽどでない限り、そこまで寒くはありません。防寒グッズもいろいろと出ているので上手に使えば快適にサーフィンできます。
しかし着替えだけはどうしても寒い。特に海上がりの冷えた体で風に吹かれて着替えるのは修行です。しかしそれさえ上手くできれば冬は空いているし最高の練習チャンスです。サーフィンのシーズンは冬。というコアサーファーすらいるくらいです。今回はそんな着替えが修行にならないように少しでも快適に着替えられる方法について解説します。

1.準備を整えてから着替えるとスムーズ

まずスムーズに着替えを行うためには家での準備から意識していくようにしましょう。ウェットスーツは干す時に裏返しで干してそのまま持っていくサーファーも多いと思います。まずはウェットを車に入れる前に着替えやすいように裏返しを直し同じくブーツ、グローブもつけやすく裏返しを直してから積み込みましょう。少し面倒ですが、ボードも積み込む前にワックスを塗っておくとよりスムーズになります。
インナーを着る方は、助手席、または後部座席の上に置いておくとエアコンで暖まり着替えの時に心地よいです。窮屈でないインナーなら服の下に最初から着ていれば最高に温かいです。
後はホットジェルなど使う予定のアイテムをこれらのセットしたアイテムとまとめて探さないで良いようにおいておくことも重要です。

またウェットスーツをスムーズに着られない場合はコンビニなどのシャカシャカしたビニール袋を用意して手を入れたり、足を入れたりしてするすると着られるように準備しましょう。

ここまで準備して着替えることが出来ればだいぶ楽になると思います。正直海に入る前の着替えは準備さえできれば全然耐えられます。

2.海上がりの着替えこそクイックに

海から上がってウェットを脱いで体が冷え切った状態での着替えがとにかく寒いです。こここそできる限りスムーズにクイックに行えるようにしましょう。
まず可能なら車の暖房を最強にしてエンジンをかけて車を温めておきます。
続いてグローブ、ブーツを脱いでバケツに持ってきた温かいお湯を入れます。
この中にウェットのまま入り一気にウェットから足が抜けるようにウェットの足首部分を内側に折り返します。

続いてウェットの首もとからお湯をたっぷりウェットの中に入れて冷えた体を少し温めます。
お湯もすぐに冷めてしまうので少し温まったら上半身を脱ぎ軽く拭いてポンチョをかぶります。
ここでいくらかほっとできます。続けてバケツの中で下半身を一気にウェットから抜きタオルで拭いてズボンまではけばほぼ完了です。ウェットを脱ぐときに苦労するのは足を抜くところです。そのためウェットを折り返してお湯をためて一気に脱ぐようにすると相当楽です。
またウェットを洗う際にウェット用のシャンプー、柔軟剤で仕上げておくと驚くほど脱ぐのがスムー
ズです。試す価値ありです。

寒い時に慌ててウェットを脱ごうとすると切れたり裂けるけたりしてしまいます。またラバー部分に爪を立てるとキズついて劣化の原因となるので注意しましょう。


こちらの商品はとてもやさしいくいい香りなのでウェット特有のいやな臭いがやわらぎ、癒されます。また洗浄、柔軟剤と一本で済むので簡単です。これで洗っておくとウェットを脱ぐのがウソのようにスムーズになります。

3.冬のサーフィンで持ってると良い快適アイテム

のサーフィンも着替えなどの手順になれ、快適なアイテムさえ持っていれば意外と楽しめます。はまってしまえば寒さを我慢してでも入りたくなりますが、特に初心者のうちは寒い冬は腰が重いでしょう。できる限り快適アイテムを揃えて初心者サーファーこそ空いている冬の海で一気に上達を目指しましょう。

3-1.ポンチョ

これは着替えの時に重宝します。シーズン関係なく使え、体からすっぽりかぶれるので冬の海では必需品です。ポンチョを着て着替えるだけで風もしのげだいぶ温かく着替えられます。


3-2.ウェット収納バケツ

このアイテムも車サーファーの必需品ですね。バケツにお湯を入れて中に入ってお湯の中で着替えることも可能です。脱いだウェットもここにいれてそのまま持ち帰れます。


3-3.お湯の保温効果抜群のポリタンク用カバー

家でアツアツのお湯を ポリタンクに入れて持って行っても上がるころにはかなり冷めてしまっていることも良くあります。できるだけ温かいまま保つための便利アイテム保温用のカバーです。これがあると温かいままのお湯を浴びることができます。2ラウンドやってると冷めきってしまうかも。。


3-4.お湯を浴びるためのシャワー

なくてもいいのですがあると快適です。シャワーなら温かいお湯をウェットの中に入れることも簡単で一気にお湯がなくならないので2ラウンドめに残すことも可能です。手動でも良いのですが電動シャワーは快適で一度使うと手動には戻れません。


3-5.暖かいインナーとホットジェル

海の中で冷え切ってしまうと冬のサーフィンは辛いですね。そんな場合にはウェットスーツの中に着るインナー、肌に直接塗り温めるホットジェルも持っていると良いです。


3-6.楽しみが増え冬の海も待ち遠しくなるサーフィン記録時計

すこしでもテンションを上げて冬の海に向かうために楽しみなアイテムも良いですね。これは自分のサーフィンを記録できるGPSつきの時計です。テンションを上げるアイテムにもってこいです。


4.まとめ

今回は冬のサーフィンでの着替えについて解説しました。とにかく準備段階からがスムーズな着替え、いかにクイックに着替えられるかのカギを握ります。ウェットスーツで海に入ってしまえば空いていてたくさん波に乗れ練習には最高なのが冬です。ぜひ楽しみながら海に行き、上達できるようにしていきましょう。冬もサーフィンに行かないと気がすまなくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。